0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング

0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング
2011-05-08 朝練don様と行く 箱根で朝食ハイパーモタード1100S 4台。

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング
SPORTS CLASSIC SPORT1000S 2011-06-30 Yamanakako

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ ←いつも「私のスポクラスピリッツ」を応援してくださって本当にありがとうございます。

2009/11/20

雨の伊豆ツーリング




11月19日の木曜日。
朝から曇り空でしたが、天気予報では雨は降らないと出ていた気がしたので、
念願の、伊豆スカイライン!上限200円だぜ!おめでとう!ツーリングを
まだ実現させていなかったので、
時間によってどこまで行って帰って来るか、ざっくりと決めながら
とりあえず、東名横浜・青葉インターを目指しました。

海老名で休憩していると、パラパラと雨が降り始め、
そのうち止むだろう〜とのんきに構えながら、
厚木インターで小田厚に乗り換えて、先を急ぎましたが、
進めば進むほど、止みそうで止まない雨に、
見上げると空はますます雨雲がモクモクと。
これから進む箱根新道や伊豆スカイライン方面の山の上空には雲と濃い霧が・・・
箱根新道手前で進路を変更し、
下道で熱海〜伊東方面で伊豆まで走る事にしました。


















































それでも、雨は一向に止む事なく、さすがに雨宿りをするべく、
熱海の海水浴場の目の前のジョナサンに寄りました。
時間ももう少しで12時でしたから、ガラムマサラのカレーは諦めて、
ここでお昼休憩&雨が止むまで待つ事にしました。















































さてさて、ランチも食べ、ドリンクバーで散々飲み散らかし、
2〜3時間ほど時間が経過し、少しづつ雨も小雨になって来ました。
モバイル天気予報によると、3時までは雨でそれ以降は晴れマークになっています。
おっと、気が付けば時間はもう3時頃です。
今度こそ天気予報を信じて、いざ出陣!
せっかく熱海まで来てしまったのですから、
ここからまた来た道を引き返すのも面倒だし、
だからといって下道で伊豆半島を回るもの時間的に厳しい感じです。
今日の目的の伊豆スカイラインも危険なカオリがします。
迷ったあげく、なぜかとりあえず伊豆高原まで行ってみる事にしました。













で、予報を信じて走りましたが、またポツポツと雨が降って来ます。
あれあれ?伊東に辿り着く頃には結構な雨です。
前を走るキャメラマンが突然左にウインカーを出し、左折する先を見ると、
そこはあの有名な、「伊東へ行くならはとや」です。
え?なんで?まさか、こんな時間から温泉に入るつもりじゃ・・・?
と思う先から、キャメラマンが「温泉は幾らですか?」と交渉を・・・
雨宿りついでに温泉で時間を潰そうかと思いましたが、
昭和の香りのぷんぷんするロビーやら通路やらダンスホール?やらを眺めておりましたら、
何となく雨も止んできましたので、
生まれて初めて来る「サンはとや」の内部風景を堪能するだけして、
また先を急ぐ事にしました。











































あともう少し走れば、伊豆高原に到着です。
でも、もう時間は4時くらい。
この時間から、まだ降りしきる小雨の中、
行くも地獄、戻るも地獄。どうしようどうしよう・・・
寒さで身も心もカチカチで、思考能力も固まってしまいます。
革ジャンも革パンツもグローブもしっとりと湿って、
手の感覚がだんだんなくなってきます。
気分は雪山で遭難した山岳隊のようです。


さらに雨の中、坂道のコーナーでタイヤが滑らないように慎重に走り進めていると、
後ろから地元の人らしき4輪車にあおられます。
「おらおら!タラタラ走ってるんじゃねーよ!」と言わんばかりの接近具合です。
ミラー越しに、あああ〜迫って来てる・・・とドキドキしながら、
それでも、もしここで滑って転倒したら、この寒い中、痛いしいろいろ面倒だよな〜。

このスローペース、わ・わざとじゃないんです・・・
晴れていて路面が乾いていたら、こんなご迷惑をおかけしませんから。
いつも遅い車が前にいる時、あおってしまってごめんなさい。
常日頃の自分を反省しつつ、寒さと後ろから照りつけるライトの威圧感に
ブルブルと心ふるわせながら、なんとか伊豆高原まで辿り着きました。
























伊豆高原からしつこく伊豆スカイラインに乗ろうと企んでいましたが、
さすがにこの雨と寒さの中、間違いなく霧が立ちこめているだろう恐怖のスカイラインに
いくら200円だからといって、強行で挑む気力も勇気も体力もなく、
キャメラマンの提案で、以前から1度行ってみたかった、
DHCが運営している、赤沢温泉の日帰り入浴施設へ行ってみることにしました。


時間は4時半くらい。
雨も少しづつ小降りになって来て、雲に隙間が見えて来ました。
屋上露天風呂からちょうど山越しに、ピンクに染まったキレイな夕焼けが見えました。
これでこの日1日の疲れもぶっ飛びました。
この夕焼けを見るために今日1日頑張ったんだよね・・・
まるで神様からのご褒美のような、何とも美しい光景でした。

時間にしてわずか10分くらいだったけどね(涙)




何とナント!この赤沢日帰り温泉館、大小タオルはモチロン、
通常、DHCで販売されているアメニティも、コットンも綿棒もブラシも完備。
スキンケアやヘアケア用品も豊富で、
スタイリングフォームの使い心地がとても良かったので、
思わずフロントで購入しようか迷ったくらい。

で、さらにフロントではお土産用のお菓子や佃煮、漬け物、
メカブにわかめ&昆布のスープなどなど・・・試食のオンパレードで、
腹ぺこの私たちの試食魂に火を付けました。
バイクじゃなかったら買って行きたいお土産がたくさんあったのに、残念。

夜ご飯もここで食べてから行こうかとも思いましたが、
時間にしてだいたい6時半。
そう言えば、私たちはまだ東伊豆の入り口でしたね。
まだまだ先は長いので、居眠り防止の意味も込めて、
食事はお預けで、試食だけで小腹を満たし、いざ。出発!

赤沢温泉館の方、どうもごちそうさまでした。
また近いうちに必ず行きますね。







にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

Always thank you really for assisting in "My supokura supirittsu」".
It is possible to advance ahead only by ten points by the click of one support a day.
When it is continuous in one week, it connects with the total of 70 points.


いつも「私のスポクラスピリッツ」を応援してくださって本当に有難う御座います。
1日1回のご支援クリックで10ポイントだけ前に進む事が出来ます。
1週間で連続ですと70ポイントの集計に繫がります。






コメントを投稿