0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング

0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング
2011-05-08 朝練don様と行く 箱根で朝食ハイパーモタード1100S 4台。

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング
SPORTS CLASSIC SPORT1000S 2011-06-30 Yamanakako

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ ←いつも「私のスポクラスピリッツ」を応援してくださって本当にありがとうございます。

2009/11/10

日帰り温泉の魅力。でも冬の温泉には要注意だそうです。





[日帰り温泉 1105DSC_0110.jpg]


保険の神様と呼ばれるTOM桂川さんの統計データーによりますと、
寒い環境からロクに水分補給もせずにいきなり熱い湯船に浸かると血管が膨張して、
頭がボォ〜っとしてフラフラになってしまう可能性があるそうです。
温泉で暖まった体を休憩もせずにまた寒い環境に晒すと余計に駄目だそうです。
ゆっくりと環境に馴染ますようにのんびりとゆとりを持って休むか、
解すように適度な準備運動をしてからでないとそのままの運転は危険だそうです。
反省ですが、私も時々眠くなって集中力が散漫になる時があります。

それからバイクを走らせていると寒い冬の時期には無意識にも、
ついつい体の水分が抜けて軽い脱水症状に近い環境になるそうです。
水分補給と云いましても、顔の廻りには圧迫感のあるヘルメットを被り、
しかも両手を運転のためハンドルに使用していますから、
飲料水補給の頻度が通常より少なくなるそうです。
また冬の連続走行にて悪循環なのは飲料水を飲むとトイレが近くなるで
ついつい我慢しがちにもなるそうです。

単調な運転と外気温による寒さと軽度な脱水症状、蓄積される走行による疲労具合。
適度な緊張感と反射神経が鈍り脳に酸素が行き届かなくなる危険性があるそうです。
こんな情報は実は誰でも知っているポピュラーな内容なのですが、
季節の変わり目や、コンディションの違いにより体力や反応は様々だそうです。
TOM桂川さんは出来る限りにおいてサンデードライバーのリスクを大幅に避ける為、
普通の平日か、もしくは日曜日を避け土曜日の走行に神経を集中させているようです。
さすが保険屋さんは集積されて積み重なる情報量が大きく違いますね〜!
そんなこんなでみなさんも温泉に浸かる時の心構えを引き締めて
是非是非、快適にそして交通安全でお過ごし下さい。


eriko 1971




にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

いつも「私のスポクラスピリッツ」を応援してくださって本当に有難う御座います。
1日1回のご支援クリックで10ポイントだけ前に進む事が出来ます。
1週間で連続ですと70ポイントの集計に繫がります。




コメントを投稿