0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング

0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング
2011-05-08 朝練don様と行く 箱根で朝食ハイパーモタード1100S 4台。

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング
SPORTS CLASSIC SPORT1000S 2011-06-30 Yamanakako

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ ←いつも「私のスポクラスピリッツ」を応援してくださって本当にありがとうございます。

2009/03/23

紅いロケットカウルのそれなりの効果。





70年代のデザインを活かした古風なスポーツ1000Sのロケットカウル
GT1000のネイキッドビンテージバイクとは
エンジンが同じDS1000シリーズでも外見の雰囲気がまるで違います。

GT1000に乗るときはそれほど意識せずにさらりと跨る事が出来ます。
でもスポーツ1000Sに乗る前には
「よし乗るぞ〜!と少しばかりか緊張してしまいます。」
乗って走らせている時もテンションが少しだけ高い事に気が付きました。
同じようなバイクにもかかわらずこの違いは何処から生まれてくるんだろう?
と私なりに考えていました。

どうやら1つの大きな原因は、
この流線型の大型ロケットカウルにあるんじゃあないかな?
となんとなくですが、気が付きました。
それから獰猛なるイタリアンレッドの紅い色から来るテンションの昂ぶりでしょうか?
闘牛ではありませんから、本当は色は全然関係ないと思うのですが、
不思議ですね〜空を飛んでいるような、空間を突き抜けていくような感覚です。
小型ロケットに跨って空間をゆっくりと泳ぐような感じに近いと思います。























スポクラシリーズの奥の深さは乗ってみると実感します。
どちらも同じような外見で実は全然違うバイクなんだなぁ〜と思います。





コメントを投稿