0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング

0508 GW最終日 早朝箱根ツーリング
2011-05-08 朝練don様と行く 箱根で朝食ハイパーモタード1100S 4台。

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング

0630 山中湖&富士吉田道ツーリング
SPORTS CLASSIC SPORT1000S 2011-06-30 Yamanakako

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅

0908 Paul Smart & Sports1000S で行く上空2400mの旅
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ ←いつも「私のスポクラスピリッツ」を応援してくださって本当にありがとうございます。

2014/10/24

TOYOTA ランクル70の期間限定復活に惹き寄せられて!2014 10 23 







































































































































































































































































































































































































































































































































70シリーズ 奇跡の限定復活。

TOYOTA ランドクルーザー70が
期間限定復活で再販される事に、


思い起こせば今から26年前の大昔に
同じくTOYOTAのハイラックスピックアップという、
ダブルキャブトラックを当時新車で購入し
しばらくの間、愛知県で乗っていました。

その次がこれまた年代物の
ランクルの60を中古で購入、
その次の次はランクル80ディーゼルターボの
VXリミテッドと呼ばれるVANを愛知TOYOTAさんから
新車で購入と、このTOYOTAの4WDシリーズには
当時から深い興味が御座いました。

気になるのはこのトラックボディーとしての
荷台付きピックアップスタイルなので御座います。
登録も1ナンバーで5速マニュアルミッションという狭き選択。
乗車定員も5人乗り1ナンバー新規登録で税金関係も大幅に節約が可能です。

TOYOTAの1GR-FEを搭載

肝心のエンジンはトルクフルで小型凝縮された、
排気量4000ccのDOHC V6ガソリンエンジンがという微妙な位置付け。
このエンジンはTOYOTAの誇る1GR  6気筒ですから、
実際のところはどうなんでしょう?
エンジン形式はTOYOTAの1GR-FEを搭載。正確な排気量は3,955cc
パワースペックは231馬力のトルク36キロと数値的にはまあまあの実力と性能。
車両総重量が約3トンですからロングホイールベース仕様で走りは如何に、
2730mmバンスタイルのホイールベースから後ろへ450mm延長された、
トラックボディー特有なるロングホイールベース仕様3180mmですから、
この影響でリアドアのデザインが微妙なメクラ蓋的な応急処置で御座います。
キチンとしたフィーリングを確かめる為にも、
試乗車に今度乗ってみたいと思います。

2014年の10月23日の木曜日に
横浜の神奈川TOYOTA 
中営業所の林さんに送迎して頂き、
保土ヶ谷営業所の姉妹系列店までクルマで移動でした。
現車シルバーのランクル70ピックアップの展示車を見に行きました。

メルセデスではGクラスの
ゲレンデ6×6が約8000万円近くで売られている中、
このTOYOTAのシルバー70ピックアップは、
約350万円という領域ですから面白いと思います。
比較する土台は全然同じではありませんが、
1/24の金額でこのピックアップボディーが入手出来るのですから、
それだけピックアップボディーという
カテゴリーが稀でしかも相当に旬な時代なのかも知れません。

さてさてこの期間限定復活で再販される
TOYOTA ランドクルーザー70ですが、
インテリアや内装は実にクラシカルで奇を衒わない、
プレーンな商業的な普通なスタンダードスタイルなのです。
中途半端な豪華ならば最初から要らない!
と割り切った大人の潔さが逆に好感度抜群なのです。
30周年記念アニバーサリーなんてクロームエンブレムも、
変に封印されていた4WDの世界観や物欲を刺激してくれます。

荷台は非常にシンプルで商業ビジネススタイルの香りが漂います。
雑なプレス溶接の痕があちこちに見受けられますが、
本来荷台なんてのはこんなものなのでしょう!
フロントグリルはTOYOTAのロゴスタイルの方が好きです。
オプションでした寒冷地仕様で大型バッテリーを搭載させて、
鉄ホイール風の16インチのアルミが欲しいと思います。
ナビなんかも一番お薦めのモデルですと、
追加で約25万円相当と少し高いオプションかも知れません。
LEDやフォグなんかもついでに欲しくなりますから新車商法のお約束かも、
それにしても素晴らしいジャンルの復刻で御座います。
ボディーカラーもシルバーはシルバーで魅力的に観得て来ましたよ〜!




加古 俊文

































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































コメントを投稿